ミュージック バンク

ミュージック バンク

邦ロック、J-POP、洋楽などの楽曲紹介記事やライブレポートを不定期で更新中。独断と偏見で綴っています。

Devil ANTHEM.が私のハートを征服中! “沸ける正統派アイドル”に首ったけ

“沸ける正統派アイドル”をコンセプトに掲げている、Devil ANTHEM.(通称、デビアン)。

今回は、5月19日に開催された、デビアンの5月定期公演「Leap~KURUMI.プロデュース公演~」の模様をレポートする。

デビアンの魅力とは?

私の中でデビアンが沸騰している。

筆者はこれまで邦ロックを中心に、ポップスやEDMなども好んで聴いてきた。好きなアイドルは“メタルアイドル”BABYMETALや、“テクノポップアイドル”Perfumeぐらいだった。彼女たちを観るためライブやフェスに行くこともあるが、年に1回程度。しかし、そんな私が何度もライブに足を運びたくなるくらい夢中になっているアイドルは、デビアンが初めてだ。

デビアンの曲は歌声はかわいらしいが、いわゆる“アイドルらしさ”を感じさせない。ポップスやロックテイストの楽曲もあるものの、ゴリッゴリのハードスタイルも取り入れた“本格派”なEDMに合わせて歌って踊るアイドルは初めて観た。思わず、衝撃が走る。すごいアイドルを見つけてしまったと思った。私は動画から目を離せずにはいられなかった。

彼女たちの魅力はサウンド面にとどまらない。ライブではメンバーと一緒になって踊ることができる他、デビアンオリジナルコールもいくつか存在する。ロックバンドのライブやフェスにはよく行くが、バンドとは異なるパフォーマンススタイルが私にとっては新鮮に感じられ、目を見張るものがあった。

また、メンバーそれぞれの魅力を自分たちで分かっていることもデビアンの強みなのではないかと思う。今回開催された公演は、メンバーのKURUMI.(以下、くるみちゃん)がライブのセトリから特典会のコンセプトまで考えて行われたものだった。メンバー自身でも魅力を引き出せるからこそ、観るものをたちまち虜にしてしまうのだろう。

くるみちゃんプロデュース公演

暗転すると、デビアンは早速「Flashover」でスタートを切った。スウィングの効いたビートがエレクトロサウンドと調和している同曲のメロディに合わせて、爽やかにダンスを披露していくメンバー。星を描くような振付も交えながら、“光”に向かうため困難を乗り越えて突き進んでいくようなダンスが印象的だ。

続いて披露されたのは「LINK」。愛らしく踊る爽やかポップな曲調から一転し、キレッキレなシャッフルダンスを踊るハードスタイルに突入していく。このギャップと、心にダイレクトに鳴り響く重低音がたまらない。

その後はどこか切なさが漂う爽やかチューン「Replay」へと紡いだかと思いきや、打って変わって4つ打ちハードスタイルの「Like a 熱帯夜」にバトンタッチ。迫力のあるサウンドとダンスで会場をヒートアップさせたまま、エレクトロポップなハードコア「Fever」の人気曲へと持ち込んでいく。

コールが連発する同曲では、家虎、スタンダードMIX、ジャパニーズMIXなどのアイドル定番コールだけで終わらせない。

(竹越)くるみちゃんに向かって「タケコシファイヤー!」、YUME.(以下、ゆめちゃん)とKAEDE.(以下、かえでちゃん)には「萌え萌えキュン」などのコールが飛び交うパートがある他、「あるよー!」「オレモー!」などのデビアンオリジナルコールも存在する。

とにかく楽しいだけでなく、コール発動後のメンバーたちによるとびっきりの笑顔や、かえでちゃんが「ありがとうー!」と感謝の気持ちを叫ぶパートが見どころとなっている。

毎回ラストのサビでは、フロアはマサイをする人であふれかえっているが、この日の熱狂ぶりも負けていなかった。ファンは一瞬、一瞬を大切に、みんなで盛り上がっていた。「Fever」でラストを飾らずに中盤に持ってきているのも、余韻に浸るよりも今この瞬間を楽しんでほしいというメッセージが込められているのではないかと思った。

自己紹介などのMCを挟み、後半戦はファンクナンバー「Only Your Angel」でキックオフ。手を振ったり、指を上に左右にとさしたり。会場は振りコピをする観客であふれていた。

続く「EMOTIONAL」では、疾走感あふれるロックテイストなサウンドとともにデビアンなりの“応援ソング”を届け、遊び心あふれるナンバー「OMONPAKARU」へと繋げた。

その後は「Darkside」「Fake Factor」の2曲を続けざまに披露し、ライブは終了。彼シャツ姿のメンバーが登場する特典会へと移っていき、くるみちゃんプロデュース公演は大盛況に終わった。

感想

くるみちゃんは一人ひとりのメンバーの良さを引き出しつつ、彼シャツというファンが喜びそうな特典会の衣装を、高校生なりの視点で考え抜いてくれたことに驚いた。

堂々たるパフォーマンスを元気いっぱいに魅せてくれるくるみちゃん、見るものを幸せにするような笑顔が特徴的なかえでちゃん、どこか不思議なトークが魅力の美少女・ゆめちゃん。

それから、ぱっちり目でにこやかに微笑み返してくれる、みんなのアイドル・あいりちゃん(メンバー・AIRI.)、そして目を細めて楽しそうに笑う姿が印象的な、ちょっぴりセクシーなあきらちゃん(メンバー・AKIRA.)。

デビアンに首ったけ。ライブだけでなく、メンバーが成長していく姿にもますます目が離せなくなりそうだ。

f:id:k_cat51alom:20190523172718j:plain

彼シャツ姿のかえでちゃんとの2ショット

今週のお題「アイドルをつづる」